健康生活

自分軸で生きるための選択

 

たった一度の人生、誰かにいわれるがままではなく、自分の人生を生きたい。

 

何が本当で、何を選択していくのか。

今、そんな人生の岐路に立っているような気がします。

 

自分軸の生き方

自分の目で正しい情報を確認し、自分の信じられる道を選択していく。

他力本願でない、それは自分軸をもった生き方。

 

自分の健康を守れるのは、

国の施策でもなく、病院の主治医でもなく、自分自身だから。

 

真実

命を救うべき関連の本は、かれこれ10冊ちかく読みあさり、

大切な自分時間を使って、大好きな編み物の時間も削って、

ネットも動画も自分の時間のほとんどを費やしてきた。

 

それは、なぜ?から始まった。

そして言われるがままに受け入れるということの矛盾、

それが命取りになることへの恐怖。

ただ不安を煽り、そこに真実はないことを知る。

そして正しいことを伝えている媒体が次々と抹消されていく。

 

何故?

なぜなぜのエンドレス。

どうしてこんなことになっちゃったのだろう。

 

同調

「みんながしているから」

え?こんな大切なことなのに?

 

悪気があってそうしているのではないこともわかっている。

みんな護りたいものがあるから。

 

でもそれが誘導されていたとしたら?

 

横断歩道、みんなでわたれば。。。何ていう言葉を思い出す。

 

周りに流されてしまっては、それは誰かの人生になる。他人の人生に。

 

自分の人生

 

自分から学びにいく姿勢と、何にでも疑問を持つことが大事なのだと痛感。

ただ従順に右に倣えでは、染まってしまうだけ。

 

自分のたった一度の人生、大切にしたい。

 

これからも、したいことや編みたいものがいっぱいある。

編み物を通して触れ合っていきたいこともたくさんある。

 

自分の人生は自分で決めるもの。

誰かに強制されることでもなければ、親の希望を叶えるためのものでもない。

 

自分の人生、何事も自分で決めて自分軸を貫いていけたなら、

その先には目指すものや夢の実現があるのではないだろうか。

 

とても深い話なので、今日だけでは言いたいことは伝わらず、

最近こんなことばかり考えている。

 

 

ボランティアニット「編み物ボランティア」
ボランティアニット 〜「世界の子供達へ編み物作品を贈ろう」に参加〜

続きを見る

 

追記:そんな中でも、なんとか編み物をしてまとめたのが上記の記事です。

動画には子供達への想いを含めました。

 

どうか、みなさまがご健康でありますように。

 

これからもそれぞれの編み物ライフを楽しんでいくことができるよう、

心より祈っております。

 

健康生活カテゴリーはコチラ

 

参考:崎谷博征 、 内海聡 鳥集徹

 

 





-健康生活
-,

© 2022 comomoの編み綴り