新米編物教室 編み物と想い 編み物とこどもたち 編み物ブックレビュー

絵本で伝わる編み物の温かさ 

編み物の絵本

 

絵本は時々大人の心も癒してくれますが、この本は、編み物の素敵さや温かさが詰めこまれた、まるでギフトのような絵本です。

編み物に興味があるお子さん、興味のない場合でも、

読み終わった後には、編み物の世界のあたたかさに触れることができる一冊です。

 

編み物の温かさが伝わる絵本

私がこの本を手にしたのは、2020年の秋冬でした。

本屋さんにいくとついつい時間を忘れてしまうのですが、編み物に関連した絵本を探していた時に、

その表紙の可愛らしさから、すぐに手にした本でした。

猫ちゃん好きにはたまりません。

 

ねこのニャンルー」という"どいかや"さんという絵本作家さんの書かれた本です。

 

 

「ねこのニャンルー」本の概要

この本の概要は、

ニャンルーという猫の女の子が、亡くなったおじぃちゃんのセーターを解いて

ちがう編み物を編む、と言った物語。

 

ニャンルーが、おじぃちゃんへの気持ちを乗り越えて、

未来への発展的な気持ちに変わっていく成長記録でもあると捉えることができました。

ニャンルーが大切なことを吸収しながら、

編み物を日に日に楽しんでいく様子は、読んでいてもとても微笑ましいです。

 

心を包み込んでくれる世界観

子どもが編み物に興味を持つ絵本として、

また、編み物の奥深さや可能性を知る上でとてもわかりやすく、

かつ、優しさが芽生えるような本です。

 

全体的に色鉛筆で描かれたその繊細な世界と色づかいは、

大人の私にとっても、疲れた気持ちや心の傷跡をそっと包み込んでくれたのでした。

 

編み物の知識

また編み物の知識に関しても、必要なことをシンプルに教えてくれています。

ほどいた毛糸の扱い方。水通しの仕方。

おばぁちゃんから教わるその過程は、私自身もワクワクした気持ちにもなれました。

 

 

子どもたちへの心の授業

子どもたちが、通常の学校教育の中では教えてもらえないけれど大切なことというのは、

自然やスポーツ、手芸・アートなど、授業を超えた場所で学ぶ取り組みが色々とあるかと思います。

 

個人的に興味があるというか携わっていきたいと思っており、

その分野に長けた先生たちの講義を受けて色々と教わっているところですが、

「編み物」の効果も活用できないかなと考えたりしています。

 

これから、子どもさんたちと触れ合う機会が増えてきたときに

その子たちが必要そうな時には、押し付けにならないように

「編み物を知るきっかけ」として、この本を活用していこうと思っています。

 

おわりに

今回の「ねこのニャンルー」は、

ご自身のお子様に編み物を伝えたい時にも、導入として活用できるかなと思ったりしています。

 

これから出会う子ども達が、この本に編み物に、どんな反応を示すのか、その瞬間が楽しみです。

 

そして自分自身もまた、編み物の原点に戻りたいとき、ふと心を休めたい時などに

そっとこの絵本を開きたいと思っています。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 




参加しています。応援ポチ↓っとしていただけたら嬉しいです☺️
PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村へ♪





-新米編物教室, 編み物と想い, 編み物とこどもたち, 編み物ブックレビュー
-,

© 2022 comomoの編み綴り